虫歯治療

本田歯科クリニックの虫歯治療

誰しも虫歯にはなりたくないものですが、歯みがきなどのケアを怠ってしまうと、気づいたときには虫歯が進行していることがあるので注意が必要です。

虫歯の原因

そもそもなぜ人は虫歯になるのでしょうか? 虫歯の原因は「ミュータンス菌」などの虫歯菌。虫歯菌が増殖し、餌となる糖質とが結びついた際に発生する酸によって、歯が溶かされます。これがいわゆる虫歯の状態です。

【虫歯菌が増殖しやすい環境】

  • 歯垢や歯石がついている
  • 糖質を含む食品をいつも食べている
  • 食後すぐに歯みがきをしない

一度虫歯菌に感染してしまうと、歯みがきなどでは除去することができません。そのため、虫歯菌を増殖させないよう、日ごろからお口の状態を保つことが大切です。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰めもの・金属や樹脂)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3 【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せもの)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4 【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

本田歯科クリニックの取り組み

できるだけ削らない

当院では、患者様ご自身の歯を最大限生かすことが大切だと考えます。そのため虫歯治療においても、削る部分を最小限にとどめるよう努めております。

通常は、「タービン」と呼ばれるドリルで虫歯部分を削りますが、タービンでは削らなくてもよい部分まで削ってしまう可能性があるため(※)、細かい部分の最終調整は手で削るようにしております。手に伝わってくる細かな感触を頼りに力を調整しながら歯を削っていくことになりますので、経験と勘が物を言います。当院では、確かな経験と知識が豊富な医師が担当しますので、安心してお任せください。
※極めて初期段階の虫歯については、タービンを使用することで健康な部分まで削ってしまう可能性があるため、専門器具を使っての洗浄と定期検診による経過観察にとどめることもあります。

リラックスできる環境を

治療中には医師は積極的に患者様に話しかけるようにしております。これは沈黙の中では、人間はストレスをより大きく感じることがあるためです。患者様の精神的な不安感を取り除き、よりよい状態を保つために最大限努めております。

親知らずの抜歯について

親知らずは最後に生えてくる奥歯であり、様々な問題を引き起こす可能性があります。代表的なものでは、次のようなケースが挙げられます。

  • 完全に生えきらず、歯ぐきと歯の隙間から汚れが入り込んで炎症を起こし、腫れや痛みを生じさせる
  • 斜めに生えてくることがあり、その場合、歯と歯の間にできた隙間に食べかすが詰まりやすく、虫歯の原因になる
  • 横向き(特に前方へ)に生えることがあり、その場合歯並びへ悪影響を及ぼす

こうしたトラブルは放置していても、症状が治ることはありません。このような場合、抜歯が必要になります。親知らずを抜歯することに不安をお持ちの方も多いと思いますが、まずは、親知らずがどのような状態で問題を起こしているのかプロに診てもらうことが大切。痛みや違和感を覚えたら、早めに当院へご相談ください。状態を確認した上で、ご納得いただける治療法をご提案させていただきます。

乳歯の抜歯について

お子様の乳歯が抜け始めると、それに伴って永久歯も生え始めます。本来なら自然に乳歯が抜けるのを待ちたいところですが、残った乳歯が邪魔をして永久歯の生え替わりを乱してしまうことがあります。このような場合には、乳歯を抜いて永久歯が生えやすい環境をつくることが必要です。

~虫歯にならない口腔内をつくるために、予防~

虫歯にならない口腔内をつくるために、予防

虫歯になると、歯を削ることがほとんどで、どのような最新の技術を使っても、自分の歯を削ることが、口腔内や体に負担をかけることに変わりはありません。また、虫歯になった歯は二度と元の健康な歯には戻りません。そのため、当院では「虫歯にならない」ことこそがもっとも重要だと考え、積極的に予防歯科に取り組んでおります。「治療が痛いから歯医者にはできるだけ行きたくない」という方にこそ、予防歯科を受診していただきたいと思います。虫歯になりにくくするための取り組みを、一緒に始めませんか?

東京都港区|診療予約|本田歯科クリニック